logo.pnglogo.png

電子工作:ジャンパー線の先を作る工具

2016年4月30日

QIコネクタ

電子工作で簡単に抜き差しして接続を変えられるジャンパー線。このジャンパー線の先のことをQIコネクタ(2550コネクタ)というらしいんです。

IMG_2753

精密圧着ペンチ

ケーブルにQIコネクタをつけるには、このワニのような精密圧着ペンチと呼ばれる工具を使います。

IMG_2754

つけ方は、まず先を少し剥いたケーブルを用意して、その先にコンタクトピンと呼ばれる金具を取り付けます。

コンタクトピンの根元は2個所に分かれていて、根元の方②には剥いていない部分を、その先①には、剥いた部分を取り付けます。

IMG_2734

最初は、①の部分を精密圧着ペンチの1.6mmの部分で固定します。ギュッと握ると、カシュ、カシュっとコンタクトピンがケーブルを巻き込んで止めていく感じがします。

IMG_2739

次に、②の部分を精密圧着ペンチの2.3mmの部分で固定します。

IMG_2741

このとき、コンタクトピンが曲がっているとコネクタにうまくささらないので、精密圧着ペンチの選択部分を使ってまっすぐにします。最初、この加減がわからなくて3〜4個失敗しました。でもコツをつかむとすぐ失敗しないようになりましたけど。

IMG_2743

あとは、QIコネクタに差し込むだけ。QIコネクタの小窓からコンタクトピンの平らな部分が顔を出すまで差し込みます。IMG_2745

工具があると飛び飛びのコネクタなど、自分で好きな間隔のコネクタを作れるので便利。

arduinoとかIchigoJamとか、挿して使う部品をいろいろ差し替えたりするとき、つなぐケーブルがたくさんあると大変ですが、専用のQIコネクタを作ってしまうと、抜き差しが一発で行えるようになるのですごくラクチン。

IMG_2752

 

詳しい情報はこちらにあります!→『QIコネクタ』の圧着方法